« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.31

奥州イベント

本日開催された、マシュンコム奥州スタイル、楽しんでいただけたでしょうか?
個人的には、Drop inに驚き、試乗車を乗り比べて楽しみ、レースも沢山走って楽しんで、芋煮も美味しくて、大満足の一日だった。

早起きしたのと疲れたのとで、画像や動画は後日公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.30

イベント

明日は、ついに、チームイベントの日である。
準備期間が短かったし、風邪で参加できなかったりするが、自分たちが整備したコースでレースを開催するというのは、感慨深いものがある。
あとは、今降っている雨がとっとと止んで、皆さんに楽しんでいただくだけだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.28

満月

雲ひとつない空にぽっかりと浮かんだ満月。綺麗という言葉しか思いつかない。
しかし。
雲ひとつないということは、明日の朝は冷え込むということ。
中越地震、先の台風で被災し避難生活を送っている方々には、恨めしい満月かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

満月

仕事から帰るときに、外に出たら妙に明るい。
天を仰ぐと、まん丸の月が。
でも、良く見ると、ちょっと欠けている。
明日は満月かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.26

ショック

ショックといっても、MTBのフロントフォークの話題。
構造を調べようと思ってネットを見ていたら、ROX SHOXのサイトに定期点検一覧というものが載っていた。
それを見ると、SIDは走行50時間ごとに分解洗浄が必要なことになる。
実際、Jシリーズのワークスライダーは、レースごとに分解整備するらしい。
SIDを使っている人は多いけど、コレを認識して、実行している人はどれくらいいるのだろう。
マニュアルにもシッカリ書かれてるみたいだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.24

Sweet ten bicycle

結婚10周年ということで、Sweet ten bicycleである(~_~)
というのはコジツケで、はるこの通勤車にアチコチガタが出てきたので、思い切って買い換えることにした。
いろいろ見たが、なかなか合う条件に合わない。そもそも、MTBで13インチくらいっていうと大手メーカーしか出していない。それに、フレームで買って使えるパーツは流用しようと思っていたが、完成車ばかり。
そんなところに、KLEINのカラーオーダーを見たところ、一目惚れしちゃったらしい。これならフレームで買えるしね。
そんなこんなで届いたのが、このフレーム。Angel food cakeという色なんだけど、白地にパールを吹き付けて微妙な模様がついている、とにかく美しいフレームだった。
とりあえず画像を撮ったけど、KLEINの常で太陽光の元で見ないと意味がないんだよね。
DSCN0144.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.18

ヒルクライム

昨日は2週間ぶり(このブログも2週間ぶり)に自転車に乗った。
走ったのは、寒河江のヒルクライム。
ここしばらく、某社のサーバに繋がらないため、受付開始時間やスタート時間を確認できないまま、現地へ。
受付開始の1時間以上前に、着いてしまった(~_~)
そんなことは置いといて。
このコースは、距離10.1km、平均斜度5.94%と、そんなにきつくない。
去年は走らなかったから気にしていなかったけど、車でゴールまで行ってみても、きつい感じがしない。
45分を切れば良いや くらいに考えて、ケイデンス70を意識して34*19~23で走る。
走るんだけど… メーターをリセットし忘れたので、どこを走っているのか判らない(^_^)
ツバと付かず離れずといった状態で市民荘の手前まで来て、ここでスパートする。
結果、39分6秒。
いつもはペースにムラがあるんだけど、イーブンペースで走れたし、目標を切ったので、とりあえず満足。
帰りに入った温泉にも、満足。夜になっても、身体が温泉くさかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

ロケ地

Swing Girlsという映画のロケ地を、自転車でツーリングしてきた。とにかく、ああ!おお!!って言いっぱなしの、楽しいツーリングだった。
実は、今まではロケ地を回る観光ツアーを馬鹿にしてたけど、今回その気持ちがわかった。だって、楽しいんだもん。

いや、しかし、それにしても…
よくも見つけたもんだと感心した。いくら地元の人とはいえ、映画を一度見ただけであれだけ判るんだから。同じように見えても、きちんとヒントになるものが写っていて、わかるんだそうだ。その観察力にも脱帽である。

仕事で行けなかった春子のためにも、もう一度やらないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »