« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.31

Jangle Jungle その2

やっと、画像を公開できた。
RAWフォーマットを使えるようになったのはうれしいんだけど、自動処理がちょっと変わったみたいで、試行錯誤してしまった。
今回の画像は、pict*.jpgははる某が、sanyo*.jpgは春子が撮影しています。
全ての画像は、トリミングせずに、色調の補正と解像度の変更だけで、高画質で保存しています。
ちなみに、使用したカメラはコニカミノルタのαDigitalと、サンヨーのザクティC4。
αDigitalは、手ブレ補正をOFFにして撮影しています。

走行しているカットは、フォームがわかるように全身を撮っています。ちょっと遠い(小さい)のもあるけど、それはご愛嬌ってことで。

そうそう。
画像が表示されない場合があります。その場合は、一時的にセキュリティーソフトを無効にしてください。
私の場合、SymantecのInternetSecurityのため、表示されませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

Jangle Jungle

今日は、東根市の黒姫高原JangleJungleで行われた、第13回マウンテンバイク山形大会を観戦。
夫婦揃って、皆に「今日は走らないの?」と聞かれた。なんとなく申し込みしなかっただけなんだけどね(~_~)
専ら写真を撮ることに専念していたけど、見てるとやっぱり走りたくなっちゃうんだよね。
次回ダリヤカップは、スポーツクラスでがんばります!

画像は、量が多いのと、ファイルサイズが大きいのとで、公開に手間取っています。
8/31には公開できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.26

TIME VXR

PICT0681
新しいBikeを買った。エンドさん曰く、「一番TIMEらしい」VXRである。
その印象を、ちょっと書いてみたいと思う。
比較対象は、アルミ+カーボンシートステーの、KLEINのQ-Pro carbon。ホイールは流用したため、両車ともキシリウム、タイヤはミシュランのPRO GRIPを履いている。

Q-Proは、リヤ三角の剛性が低目で、ダンシングするとしなるのがはっきり判った。ただ、しなっても、戻るときに前に押し出されるような感じがするので、体感的には悪くない。
フロントフォークは、必要にして十分な剛性で、前後左右とも安定している。
この適度なリヤの緩さによって、不整路面でも安定していて、良好なハンドリングを示す。細かいことを気にせずに、ガンガンとばせる安心感がある。
乗りやすいし、アルミフレームとしては例外的に快適性が高いBikeだと思う。
逆に言うと、その辺りがプロチームには敬遠されたのかな、なんて想像したりして。

これに対してVXRは、ダンシングしても全くウィップすることもなく、剛性体!って感じで、ペダルに加えた力が全て推進力に変わっているように感じられる。
下りは、フォークがストッピングパワーを逃がさず、きちんと減速できる。コーナーでは、安定したオン・ザ・レールなハンドリングを示す。もちろん、オーバースピードで無ければ、という前提が付くけど。
注意が必要なのは、路面のギャップ。コーナーリング中にギャップに乗ると、跳ね飛ぶような感じがして、実際にはどうってこと無いんだけど、ちょっとびっくりした。
これだけ剛性が高いフレームにかかわらず、細かい振動はかなり吸収するため、意外と疲れにくい。
プロが200km以上走った後にスプリントする、そういう状況に応えるためのBikeを形にするとこうなるんだろうな、なんて想像してみたりして。

TIMEに望むこと。それは、ボトルケージは、二つ付けるか、全く付けないか、どちらかにして欲しい。
1つだけってのは、ちょっとねぇ(~_~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

ロードトレ

今日もロードで定義へ。
昨日と違うのは、春子と二人なのと、泉ヶ岳に上った後に定義に行ったことかな。
ルートは、自宅→泉ヶ岳→七北田ダム→定義→大国神社→自宅で、走行距離は50kmほど。
定義では、はる某は油揚げ、春子は胡麻豆腐を食べて、大倉ダムからみやぎ台に抜ける山道を走る。
山道に入った辺りで、上りの多さに春子がキレた(-_-;)
こんなところでキレられても困るんだけど…

050821_1024001画像は、七北田ダムにて。お茶漬けさん、買っちゃいました(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

ロードトレ

今日は、起きたときは天気が悪かったけど、降る前に戻れば良いやと思い、9時半くらいに家を出た。
とりあえず七北田ダム経由で定義に向かうことにして、走り出す。空は、雨が降るどころか、どんどん晴れていき、真夏の暑さになってしまった(~o~)

定義では、如来様にお参りしてから油揚げ屋さんに行った。いや、正しくは「定義とうふ店」で、お豆腐屋さんなんだけど、三角の油揚げが有名なのだ。
ここには久しぶりに行ったんだけど、油揚げだけでなくて、豆腐、胡麻豆腐、豆乳などもその場で食べられるようになっていて、ちょっとびっくり。まあ、どれも豆腐つながりだけどね。
定番の油揚げを食べようと思っていたけど、胡麻豆腐に惹かれた。画像がソレで、お値段は150円。
見れば判ると思うけど、胡麻を葛で寄せた胡麻豆腐ではなくて、胡麻が入った豆腐だった。左上が欠けているのは、一口食べたから^_^
050820_1046001

結局、住吉台→七北田ダム→大倉ダム(定義如来)→熊ヶ根→秋保大滝→秋保温泉→錦ヶ丘 と通って、自宅には13時ころ戻った。走行距離はメーター読み78km。
ちなみにこのコース、コンビニは少ないんだけど、自動販売機が沢山あるので、水分の補給には困らない。
今日は、途中で3回飲み物を補給した。

もう一つ画像を。大倉ダムに架かる橋から、上流を見たところ。
ちなみに、今日の画像は京ポンで撮りました。
050820_1105001

オマケ。
玉子を買った。パッケージを開けようとしたら、なにかがおかしい。
なんと、パッケージが2重になっていた!
どうせなら黄身を二つにして欲しかった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.19

地震

16日に発生した地震。
そのとき私は、客先の食堂で、ちょっと早いお昼ごはんを食べていた。
そこでは震度4で、味噌汁が半分こぼれるほどの揺れだった。
震源が関東か?と思っていたら、なんと宮城県沖。自宅の辺りは震度5強だったらしい。
暫く、会社と春子とは連絡がつかなかったが、2時間ほどでどちらも無事が確認できた。
残るは、自宅の自転車たち。きっと倒れているんだろうなぁ…
と思っていたら、けなげにも(?)倒れずにいたらしい。おかげで傷一つ付かなかった。
そーゆーことで、あの揺れにもかかわらず、我が家の被害は皆無だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

ツール・ド・とうほく

昨日は、ツール・ド・とうほくの最終ステージ。
そのレースに先立って、選手と一般参加者のパレード走行が行われた。
はる某&春子もパレードに参加して、仙台市中心部からレースコースまでの約18kmを、走ってきた。
お盆のためか、市内中心部は普段より車も少ないような気がしたけど、1車線を完全に占有して大集団で走るっていうのは、なかなか気持ちが良い。
途中に10%の坂があるけど、110人ほどの参加者が皆完走したみたい。一人脱落したらしいけど。

パレードは初めての試みらしく、先導車がミスコースするなどのミスや、細かい不満はあるけれど、概ね成功だったのではないか、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河原夫妻

昨日の午後は河原夫妻の結婚お祝い会。
二人が交際していることを知らなかったので、突然結婚した印象があったけど、お似合いの二人だった。
なにはともあれ、末永くお幸せに。
DSCN0580

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.11

ハンドルバック

このまえ、ハンドルバッグを買った。ブツは、TopeakCompact HandleBar Bag & Fanny pack
かなりコンパクトで、ウェストバッグにもなるという代物。サイズはデジカメ、財布、携帯、タオルとティッシュが入るくらい。
で、このバッグの良いところは、自転車に付けたときに手前側にファスナーが付いているので、走りながらでも出し入れしやすいこと。
なにより、背中のポケットに物が入っていないので身軽だし、ジャージが撚れることもない。それに、汗で濡れるのを気にしなくて良い。
唯一の難点は、ロードレーサーがレーサーに見えないことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »