« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.26

ホノルル・センチュリー・ライド(帰国編)

もう最終日になってしまった。今日は午前中の飛行機で帰るだけ。
ポーターが部屋まで自転車とスーツケースを取りに来るってこともあるんだけど、05:00に起床。
予定では、5時くらいに自転車を、6時くらいにスーツケースを取りに来ることになっているので、着替えてポーターが来るのを待つ。
待っている間は、外を眺めたり、撮りっておいた画像を見たりして過ごす。
お世話になった部屋は、こんな感じ。
Dscn1161
ベッドはダブルサイズが二つあるけど、狭苦しさを感じることはない。それほど、ゆったりした作りになっている。
荷物を預けて、朝ご飯を食べに行く。やっぱり、ご飯を食べずに、パンを食べる。

部屋に戻るとき、もしかしたら輪熊さんたちがいるかも…と思ったら、その通り、12ちゃん発見。
他の方々も現れ、やっとお話できた。
山形を走るほうがきついとか、山形組は3回パンクしたとか、そんな話をしていたら、山形組の出発時間になってしまった。
お見送りして、我々も出発するため、部屋に戻った。

出発時間にロビーに集合。バスに乗り、空港へ。
そうそう。あの方、今日もヘルメット着用でした。
チェックインして、セキュリティ・チェックを受ける。ディパックにPCを入れていたら、引っかかってしまった。
PCをバッグから出して、再度チェックを受ける。今度はOK。

やっぱり1時間以上待ち時間があるので、ほんの少しだけ免税店を見た後、スタバに。
今回の旅行で、最初で最後のスタバ。ハワイらしいメニューにしようと、こんなのを注文した。
Dscn1167
左がバナナ・ココナツ・フラペチーノで、右がタンジェリン・フラペチーノ。
しまった、クリーム付きのフラペチーノだ(~_~)

搭乗ゲートまでぶらぶら歩く。
何故か、通路にジェットエンジンが展示してあったりする。

着陸したばかりの機体が入ってきた。
Sany0198
コレを見ると、南国のリゾートに来ているって気分になるんだよなぁ。

搭乗開始の時間になって、飛行機の中へ。帰りもB747だけど、ちょっと古いタイプの機体だ。
何事もなく離陸。
日本は雨が降っているらしい。やだなぁ。
着陸は揺れるのかなぁ…なんて考えつつ、雲上の人になったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.25

ホノルル・センチュリー・ライド(観光編その2)

ホノルル4日目。今日が実質的な最終日。
どういうわけか、05:00くらいに目覚める。PCを起動して、ブログのネタを書く。書いておかないと忘れちゃうからね。
07:00、朝食をとりに行く。ここの朝食はバイキング形式で、料理も主食も種類が豊富にある。
中には、ご飯も納豆も味噌汁もある。あるんだけど、全く食べる気がしない。
ご飯は、細長くてパサパサな、俗に言うタイ米だった。
レストランのすぐ外には、出店が並んでいる。その中にアクセサリーを売っているお店があった。
ここに、春子が気になっていたピアスが売っていた。最初の免税店で、買い逃したのだ。
もう一つ気に入ったのがあって、2種類購入。
その先にはアロハ・シャツのお店もある。1着買っておこうかてことで、ちょっと地味メのアロハをお揃いで購入。
今夜は、これでお出かけだね。

この日は、Pearl Harborに行くことにしていたので、ホテルの近くのバス停に行く。
15分くらい待ったけど、バスが来ない。時刻表が無いので、何時来るか分からない(>_<)
諦めてホテルに戻り、タクシーを呼んでもらう。タクシーは、ホンダのラグレイトかな?一回り大きいオデッセイだった。
ハイウェイを通って、20分くらいでArizone Memorialに到着。料金$39.55にチップを加えて運転手に支払う。
建物に入ろうとしたら、停められた。何を言っているのか、よく分からん(>_<)
バッグは持ち込めないから、預けて来いって言うことらしい。
ビジターセンターに行って、バッグを預けて、再度建物へ。入り口で、番号を書いたカードを渡された。
展示物を見て、アリゾナを観にいこうと思ったら、映画を見てからでないと、行けないらしい。
Sany0109

映画館に入る列に並んで、いざ入場!というところで、係員のお爺さんに止められる。
入り口で貰ったカードの番号が、上映時間を示していて、今は14番の回なんだって。
我々が見られるのは、1時間以上あとだって(*_*)
そんなに時間が無いので、泣く泣く諦める。
$10*2払って、潜水艦Bowfinを見る。
船内が狭いのは予想とおりだけど、隔壁のドアがめちゃめちゃ小さい。身体を小さくして潜り抜けないと、通れない。
ガタイのでかいアメリカ人が、よくもまぁ、こんなところを駆け回っていたもんだ、って感心した。

さあ、次は陸軍博物館だね。
こんどこそThe BUSに乗って、行く。これだと$2*2で済むしね。

30分くらいで、陸軍博物館に到着。屋外には、日本とアメリカの軽戦車や、野砲が展示してあり、建物の上にはヒューイも見える(^o^)丿
館内に入ると… 休館日だった(;_;)
仕方がないので、Kalakaua Ave.を歩いてホテルに帰る。
通りに停まっていたパトカー。
Sany0136

ホテルの隣のバーガー・キングでお昼を買って、ホテルに戻る。
今日のお昼は、このWHOOPER Double。上に乗っている黄色いのは、お馴染みのLIVESTRONGなので、大きさが分かると思う。
Sany0138

バイクを梱包してから、晩ご飯に出かける。
今夜は、ディナークルーズなのだ。
ホテルにバスが迎えに来てくれて、貝のレイを掛けられ、バスに乗車。

ヨットハーバーに着いてバスを降りる。目の前には、これから乗る船が待っている。
Sany0139

乗船口では、女性がフラダンスでお出迎えしてくれる。
Sany0141

料理はバイキングになっているんだけど、あっという間に無くなって、下げられてしまった。
食事もほどほどに、2階のデッキに行ってみる。ここらだと、Waikiki BeachやDiamond Headが見える。
Sany0152
Sany0150

船内ではショーがある。前半は見てるだけなんだけど、途中から客も参加して、楽しめるように趣向が凝らしてある。
最後にチークを踊って、お開きに。いやぁ、楽しかった。

バスでホテルに送ってもらったんだけど、お腹がすいていたので、ABCストアで夜食を購入。
Dscn1158

カルピスはカルピコになるんだなぁ。
さあ、明日は帰国だ(;_;)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.24

ホノルル・センチュリー・ライド

ついにやってきました。ホノルル・センチュリー・ライドの当日です!
04:00に、アラームの盛大なメロディで目が覚める。
着替えて、ボトルに水を入れて、準備完了。シャーミークリームもたっぷり塗る。
04:20くらいに、自転車を持って1Fに下りていく。
エレベーターの混雑を予想していたんだけど、予想に反して他に人が乗っていなかった。
ツアーデスクで、朝食のお弁当を受け取る。
お弁当の中身は、おにぎり2個、焼きそばと唐揚と厚焼き玉子のパック、ミネラルウォーターのボトル。
全部は食べられなかったので、おにぎり1個をジャージの背中に入れて、まだ暗い05:10にホテルを出発。
日の出は06:20って言ってたような気がする。
スタート地点のKapiolani Parkはホテルのすぐ近くなので、移動も楽。あっという間に到着。
ツアーのテントに寄って、アンカーの選手と一緒に写真を撮ってもらう。
左が田代選手、右が飯島選手。
Dscn1106

05:30過ぎに、スタートの列に並ぶ。前から1/3くらいの場所かな。
後ろを見たら、こんな感じ。こっち側の列は、全員100マイル走る人たち。
Dscn1113

06:00にスタート・セレモニーが始まって、06:22にスタート。
Dscn1114
スタート・ゲートの脇に、今中さんと白戸さんが居たので、握手してもらった。

Diamond Headを巻くように走ると、海が見えてきた。波は高くない。
この道からは、Diamond Headは全く見えないのね。
Kalanianaole Hwy.に出て、しばらく走って行くと、山が見えてきた。Koko Headっていう名前らしい。
この辺りがMaunalua Bayかな。
この先には、コースで一番傾斜のキツイ、Hartbrake Hillがある。
感覚的には、8%くらいの坂が4~500m続くくらい。想像していたよりもきつくない。
Dscn1116
Dscn1119

画像は、Hartbrake Hillの入り口と、頂上付近。
頂上付近にいる白いジャージの人は、竹谷選手。

緩くて長い坂を下ると、25マイルの折り返しになるSandy Beach Parkのエイド・ステーションだ。
エイド・ステーションの入り口で、Koko Headをバックにして。
Dscn1121

エイド・ステーションでは、水を補給して、お菓子を貰う。
エイド・ステーションを出ると、また上りがある。振り返ると、綺麗な海が見えた。
Dscn1123

Makapuu Beachを過ぎ、海岸線のKalanianaole Hwy.をしばらく走る。
Dscn1124

途中から内陸部に入っていくと、Waimanalo Rec. Centerのエイド・ステーションがある。
ここで、Iさんが落車のためサポートカーに乗っていることを教えられる。最後まで走れず、同行した我々も残念です。

エイドステーションを出る時に、丁度、今中さんも出るところだった。
走りながら、写真を撮らせていただく。
今中さんと同行していた方が、写真を撮ってくれるというので、撮っていただいた。
Dscn1127
調査の結果、撮影してくださったのは、綾野真氏と判明。著名な写真家で、光栄です。

このあたりの道路は、ジャングルの中を走っているような雰囲気で、鳥の鳴き声も絶えず聞こえてくる。
ハワイにこんなところもあるんだぁ。
Dscn1128

またKalanianaole Hwy.を通って、住宅街を走ると、50マイルの折り返しになるKailua Intermediateがある。
水を貰って、ポケットに入れていたおにぎりを食べる。
湘南自由人さんに、ジャージをほめられ、写真を撮られる。こういうの、嬉しいねぇ。

この先も少しの間住宅地を走り、細かいアップダウンがあるKaneohe Bay Dr.を走り、Kamehameha Hwy.に入る。
ハイウェイに入ってすぐは、急な下り坂だった気がする。
やっぱり細かいアップダウンがあり、Kahekli Hwy.とのT字路を右折。
ここからは、100マイルの折り返しまで一本道だ。

75マイルの折り返しになる、King Intermediate Schoolのエイドステーションに到着。
ここまでのエイドステーションは、ボランティア・スタッフは大人ばかりだったけど、入り口でシールを貼ってくれたのは子供達だった。
春子はちょっと疲れてきたみたいだったけど、ここまで来たんだからってことで、100マイルの折り返し地点を目指す。
ずっと、綺麗な海を右手に見ながら走る。
Dscn1131

Kaawa Beach Parkの脇で写真を撮っていたら、輪熊さん達が「もうすぐだよ」って言いながらすれ違って行った。
海の向こうに島と半島が見えていたけど、スコールに煙っていた。こっちに来なきゃいいけど。
Dscn1133
Dscn1134

「すぐそこ」の100マイル折り返し地点、Swanzy Beach Parkに着いた。
折り返し地点だから、まだ半分しか走っていないんだよね。
入り口では、やたらとテンションの高い三人組にハイタッチで迎えられる。
ベアー夫妻、Kさん、Aさんが、入れ違いで復路に出発して行った。
Dscn1136

Dscn1135
なんか記念になる写真を撮ろうと思ったんだけど、50マイル地点を示すようなものが無い(~_~)
補給して休んでいたら、サイスポに漫画を描いているムサシ画伯を発見。疲れた表情だったけど、写真を撮らせていただく。
ムサシ激情も復活して欲しい!

エンド夫妻も到着したので、しばし一緒に休憩してから、先に出発。
Dscn1138

出発してから数キロ走ったところで、今中さんにブチ抜かれる。
綾野さんが、追い抜きざまに「今中さんがパンクしました」と教えてくれた。
復路は往路を逆にたどるだけなので、途中を省略(~_~)
残り約25kmくらいのMakapuu Beachの辺りでは、軽いスコールにあったけど、ほとんど濡れずに済んだ。
Sandy Beach Parkのエイド・ステーションは既に閉まっている。
その代わり、往路では通らなかった20マイルの折り返し地点が、最後のエイド・ステーションになる。
ここもボランティアの子供達が沢山居て、シールを貼ってくれた。
復路のエイド・ステーションは全て食物がなくなっていて、水とオレンジしか補給できなかったけど、ここにはクッキーが残っていて、久しぶりに固形物を口にする。
残り16km。もう少しで終わってしまう。画像は、Hartbrake Hillの反対側を登っていくところ。
Dscn1142

コーンで仕切られたKalanianaole Hwy.を走り、ダイヤモンドヘッドの海側を上って下る。
いよいよゴールの公園が近づいてきた。

Dscn1144

公園内の駐車場を抜け、ほぼ16:00にゴールゲートをくぐる。
休憩も含めて、約10時間のツーリングだった訳だ。
ゴール後は、ツアーのテントで水とおにぎりを貰い、休憩。
どこで抜いたのかT夫妻がゴールして、IさんはDiamond Headのあたりから走ってきてゴール。
エンド夫妻はK子さんがハンガーノックになりかけながらも無事にゴール。
皆さん、おつかれさまでした!
サイクルコンピュータの走行データは、走行時間が7:18:38、アベ21.5km/h、走行距離157.36km。

160km走ってみて、山形の100kmの方がキツイというのが正直な感想。
アップダウンはあるけど、傾斜がキツイ坂は3箇所*2くらいあるけど、長くないからきつく感じない。
それに、自動車が自転車を尊重して走ってくれるから、一般道を走っていても怖い思いをすることは無い。
注意すべきことは、左折。自動車と一緒に一発左折OKなんだけど、左折レーンに移動するタイミングが難しかった。
パンクが多いと言われているけど、仙台組の11人はパンク無し。前日パンクした人はいたけど…

ツアーの完走パーティーに出て、長いけど大満足の一日が終わった。
画像は、部屋に入れたバイクたち。一日おつかれさま。
Dscn1157

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.09.23

ホノルル・センチュリー・ライド(観光編その1)

ホノルル二日目。今日は自由行動になっている。
05:00くらいに目が覚める。06:00くらいに薄明るくなってきたので、ベランダから海を撮ってみた。
部屋にはベランダが付いていて、テーブルと椅子が置いてあるんだけど、これが標準的な作りらしい。
Dscn1082
中央の緑の屋根は教会で、沖の白い物体は客船。
海の中には、サーファーが見えた。

今日は、自転車に乗って「この樹何の樹」を観に行くことにしていた。
走り出して2~3kmくらいのところで、先頭を走っていたはる某が道を間違い、他3名を巻き添えにしてしまう。
ご迷惑をおかけしました
途中、更に道に迷ったりしながらも、なんとか目的のMoanalua Gardensに到着。
丁度、はぐれた人達に合流できた。
Dscn1083
Dscn1085

春子が行きたがっていたBishop Museumに行くため、ここで皆と別れる。
やっぱり道に迷いつつも、なんとか到着。
ここは、ハワイの歴史資料館みたいなもので、旧ハワイ王朝のものが展示してあったり、ハワイ諸島の成り立ちが説明してあったりする。
面白かったのは、王族のシンボル。鳥の羽で作った、巨大な毛叩きみたいなもの。
そういえば、最近は毛叩きを見かけないなぁ。
晩ご飯の時間もあるし、説明が英語なので良く判らないし、サクサクっと見てホテルに向かう。

N King st.を走り、中華街を抜けた先で、偶然にカメハメハ大王像を見つける。当然、撮影。
観光スポットだけあって、それなりに観光客もいるし、バスが止まって車内から眺めていたりする。
Sany0052

Kapiolani st.を通って、なんとかホテルに到着。
シャワーを浴びて、待ち合わせ時間にホテルのロビーへ。
今日の晩ご飯は、Outrigger Reef on the Beachの中にあるShore Birdというレストラン。
レストランなんだけど、ステーキなどをの焼き物を、客自身が焼くようになっている。
宿泊先のホテルから、レストランのあるOutriger Reef on the Beachまでは、Waikiki Beachの砂浜を歩く。
夕日に染まるダイヤモンドヘッドが見えた。
Dscn1096

昨日はリブだったので、8オンスのフィレ肉Filet Mignonをオーダー。$22.95なり。
春子は、念願のLobsterをオーダー。時価だったけど、$28だった。
この価格には、サラダ・バーも含まれていて、お得な感じ。
サラダ・バーは、ファミレスのアレとは大違いで、野菜類の他にデザートやチーズ、ライス、パスタなんかも置いてある。
それぞれオーダーして、サラダをつまみながらメインが来るのを待つ。
そしてやってきた、肉。4人分が一皿に乗っている。
上がビーフ・カバブ、下段左から、フィレ8oz、ニューヨーク・ステーキ12oz、チョイス・トップ・サーロイン8oz。
これを、熱くて煙いBBQグリルで焼く。フィレは8分くらいだったけど、ロブスターは15分も焼くんだって。
で、焼き上がりはコレ。
Dscn1100
Dscn1102

フィレはサシの入っていない赤身なのに、軟らかくて、美味しい。
ロブスターは始めて食べたんだけど、プリプリした食感で、微かに癖(香り)のある身は、やっぱり美味しい。
しかも、デカイ! 日本で冷凍されて1,800円だったロブスターの倍くらいはあったもんね。
美味しい食事を平らげて、ぶらぶら歩きながらホテルに帰る。
アロハを買おう思って何件かお店を見るけど、コレ!といったものが無かった。

最後にホテルの隣のABCマートに行って水を購入。
なんかお腹がすいていたので、ターキーのサンドウィッチも購入。しかも、Largeサイズ(~_~)
ホテルの部屋でこれを食べて、21:30くらいに就寝。明日は4時起きだ(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

ホノルル・センチュリー・ライド(ハワイ上陸編)

ボーディング・ブリッジが接続され、機外へ出る。
すぐにバゲッジがあると思っていたら、バスに乗せられた。ちょっと離れているみたい。
入国審査をパスして、荷物を受け取って税関を通過したら、屋外へ出られる。
そんなに暑くないんだけど、思ったより湿気がある。島だからかなぁ。
自転車とバッグをトラックに預けて、バス乗り場へ。
入国審査でモメた人が居たらしく、なかなか全員が揃わない様子。バスもなかなか来ないしね。
Dscn1072

ところで。
ハワイといったら、綺麗なオネーサンがレイを掛けてくれるイメージがあるけど、そーゆーことはナシ。
それっぽいオネーサンも居たけど、他のツアー向けみたいだった。

バスに乗って、まずはAla Moana Beach Parkへ。
ヨットハーバーの向こうに、Diamond Headが見える。
Dscn1078

仙台組ではこの11人。
Sany0012

椰子の幹に、巨大なムカデが居た…
Sany0030

ツアーの全員で記念撮影してから再度バスに乗り、スタート&ゴールのKapiolani Parkを車内から眺めて、お約束のDFSへ。
ブランド物には興味が無いし、お土産物もどうでもいいので、ほとんど素通り。
Grenfidech 30Yearsには惹かれたけど、$230かぁ。
ディスプレイの中には、ルイ13世も並んでたけど、値段が分からない。一度は飲んでみたいけど、一口で良いんだよなぁ。
GODIVAのブースも、どど~んとある。ベルギーのメーカーが、なぜここに??
チョコもクッキーも、やっぱりベルギー製だったし。

またまたバスに乗って、滞在先のホテルWaikiki Beach MARRIOTT Resort&Spaへ。
長い名前だ(~_~)
簡単な説明を受けて、12:00くらいに解散。

仙台組は、お昼を食べて買い物しようということになり、トロリーに乗って、Ala Moana Centerに向かう。
ここで、はる某の勘違いが発覚。
トロリーっていうんだから、空中から電気を受けて走る路面電車だと思っていたのだ。
実際は、バス。バスといっても、サイドパネルが無いから、開放感は満点。
ちょっと排気ガスが臭いけど、JCBカードを見せると無料で乗れるってのも良いね。(注意:無料なのは2006年9月末まで)
Ala Moana Centerは、ハワイで最大のショッピングモールということで、食事もできるし、雑貨店から高級ブランドのブティックまで、いろいろある。
既に13時を過ぎていたので、まずは食事。いろいろあったけど、「アメリカらしい」ステーキ&フィッシュのお店へ。
お店って言っても、日本でもショッピングセンターにあるような、テーブルが並ぶ周囲に屋台が並んでいるスタイルなので、それぞれが好きなものを食べられる。
春子はSteak&ShrimpとCoke、はる某はRibeye StaekとDr.Pepper。それぞれ、10.99+1.39=$12.38。
Ribeye Staekは掌より大きい!リブ・ステーキ。飲み物も、レギュラーサイズだけど、500ccくらい入ってる。
Dscn1080
Sany0041

想像とおり、何もかもがデカイ。完食したら、皆が驚いてた。
食事の後は、お買い物。ブラブラっと歩いて、わんこのアロハ・シャツ、はる某のシャツやお土産を買う。
はる某が会社に持っていくお土産は、クッキーにした。

この後は、ホテルに戻って、ツアーのウェルカム・パーティーで、この日はおしまい。

部屋に戻って、PCをネットに繋いでみたけど、IPが取れなくて繋がらない。
ホテルの案内を見ると、1日$13弱の接続料を払わないと、繋げられないみたい。
ネットに接続できるって書いてあったから、わざわざPCを持ってきたけど、馬鹿バカしくて止めた。
日本のホテルなら、ほとんどは無料で繋げられるのにねぇ。

ちなみに、気温はそれほど高いと思わない。薄手のチノパンにTシャツで過ごせるくらいの気温だ。
ただ、あまり日向に居なかった(ほとんどがバスか建物の中)にもかかわらず、うっすらと日焼けした。
明日以降はきちんと日焼け対策しなきゃ。=>はる某はすぐ赤くなる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホノルル・センチュリー・ライド(出国編)

飛行機は19:50に飛ぶ予定なんだけど、成田空港には17:30まで行かなきゃならない。
飛行機って、この長い待ち時間が嫌なんだよなぁ。
12:00に家を出て、バス=>仙山線=>東北新幹線=>NEXと乗り継いで、16:30くらいに成田空港に到着。
寄り道もせず、一直線。春子は、新婚旅行以来12年ぶりの東京だって。
治安維持のため、成田空港に入るときはパスポートをチェックされた。
空港に着いてエンドさんに電話すると、宅配便のカウンターの処にいるとのことなので、宅配便で送っておいた自転車を受け取りに行く。
受け取った自転車をカートに載せて、ツアーの受付場所に行き受付を済ませる。
今回の旅行のチケットと、ここで初めて対面(^_^)
受付場所には、既にジャージを着てヘルメットを被った人がいる。
この人、ずっとこのままなのかしらん。

輪熊さんに電話してみたら、既に出国審査を通って、搭乗口の前に居るんだって。
あっちは1時間早い便だから、そんなもんかな。
ホテルが同じなので、現地で会えることを願って電話を切る。

JALのカウンターで荷物を預けて、再集合までの時間を潰す。
久しぶりに飛行機に乗るけど、この待ち時間の長いのが嫌なんだよなぁ。
ずっと、下野康史さんの『「運転」アシモからジャンボジェットまで』を読んでいた。
18:30。再集合して、説明を受けた後、出国審査へ向かう。
何事もなく、通過。免税店を素通りして、搭乗口付近のロビーに行き、搭乗開始を待つ。
19:30くらいになって搭乗開始。
今回の機体は、B747-400。初めて747に乗れる!と、最初は嬉しかったんだけど、座席の狭さに辟易(>_<)
前後も左右も、かなり狭い。767の方が広かった気がする。
ボーディングブリッジを離れて滑走路に向かう機内では、機外カメラに映し出される滑走路灯が綺麗。
しばらく、グルグル地上を這いずり回った後、20:05くらいに離陸。ちょっと左に流されてたね。
さあ、6時間後には、ハワイだ!(^_^)V

機体が水平に戻り、高度約10,000mで巡航し始めると、機内食が出てくる。
とりあえずスパークリングワインのミニボトルを貰って、機内食を待つ。
本日のメニューは、次のようになっております。
・ペンネミートソースグラタン
・若鶏照焼き/ソフトサラミ/ロースハム/ポテトサラダ
・豚肉の胡麻しゃぶ
・海老のチリソース
・シーザーサラダ
・チョコレートムース
スパークリングワインをもう一本貰って、食事する。
食後は、もちろん、コーヒー。はる某はコーヒー中毒です(^_^)
この時点で、日本時間の21:30くらい。ハワイの時間だと、同日の02:30。丑三時か。
22:00に消灯されるが、シートはそれほどリクライニングしないし、足元が狭いから寝にくい。
ゴロ寝してちょっとだけ仮眠をとったような状態で、起こされる。
菓子パンと野菜ジュースの朝食をとると、もう着陸だ。
着陸でも、やっぱり左に流されてた(~_~)

今回のフライトは、ほとんど揺れなかったので、快適だった。
これでもうちょっと居住性が高いシートなら文句なしなんだけど、エコノミーだから仕方がないね。

さあ、次はハワイ上陸編だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.21

ホノルル・センチュリー・ライド(準備編)その2

KLEINをハワイ用に送ったので、今日はTIMEで用足しに。
両替して、成田までの電車の切符を買って、ちょっと寄り道して。

あれ?なんか忘れてる??
レンタルしていたCDを持ってくるの忘れた…
レンタル屋は、はる某の家と仙台中心部の途中にあって、家からは往復10kmくらいある。
普段はもっと近いところに行くんだけど、たまたまココで借りたんだよね。
まあ、仕方がないから、一度家に戻るしかない。

青葉山経由で、帰ってみようと思い立ち、東北大川内キャンパスのところから登っていく。
あれ?意外と短くて、楽なのね。
でも、ゴルフ場から折立に下る方が急勾配なんだよね。
ブレーキをかけると、前転しそうで、なんか怖い。

無事に下りきって、「おり久」で久しぶりの味噌ラーメン。
13時半くらいに行ったんだけど、平日なのにほぼ満席で、相変わらず混んでる。
スープも残さず飲んで、ご馳走様。

CDを返しに行って、本日の走行は41.8km、Ave.22.8km/h。
街中も走ったから、こんなもんかな。

さ、明日はハワイだ!(^_^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホノルル・センチュリー・ライド(準備編)

出発が明日に迫った、ホノルル・センチュリー・ライド。
今日は休みをとったので、これから雑事を片付けて、荷造りする予定。
荷造りといっても、自転車は18日に発送してあるから、着替えや身の回り品をパッキングするだけ。いつもの出張準備と変わりが無い。

現地で見たい所はあるんだけど、どこをどう回るのか、まだ決まっていない(~_~)
唯一スケジュールに入っているのは、25日のディナークルーズ
今夜と明日の移動中に相談だね。

さて、天気がいいから、自転車で出かけようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.18

iTunes

iTunesがVer.7にアップデートされたので、いつもとおりに更新した。
インストール中にエラーが出たけど、他に作業していたので、とりあえず無視。
インストールが終わって、iTunesは何事もなく起動された。
ところが…
中に入っている音楽を再生したら、ノイズだらけで使い物にならん。
iTunesを修復しても、再インストールしても、ダメ。
結局、DirectXを更新して、iTunesとQuickTimeをインストールしなおしたら、元通りになった。
エラーを放置した私も悪いのだろうが、そもそも、なんでエラーになったの??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.17

ママチャリ8耐

いつもベルエキ朝練で走っている、名取サイクルスポーツセンター。
ここで開催された、「げんきNATORI ママチャリ8時間耐久レース」に、はる某はTeam奥州で、春子は「我輩は主婦である。1名を除く」で参戦です。
狭い会場に101チームがひしめき合うので、場所取りのために開場の30分前になる5時半が集合時間。
おそらく、これまでで一番早起きしたんじゃなかろうか、という4時起床、4時半出発のスケジュール。
起きて、ユハ&ディノのトイレのために外に出ると、小雨が降っている。天気予報とおりとはいえ、気持ちが萎える(-_-)
途中のコンビニで朝食を仕入れて、4時20分くらいに会場に着くと、既に4~5組が並んでいた。
既にレースが始まっている(~_~)
6時に開場し、テント設営も受付&車検もつつがなく完了です。

Team奥州の今日のメンバーは、この6人。エントリーしたクラスは一般変速アリです。

Dscn1048

左から、はる某、Mさん、梅ちゃん、M夫妻、Bearさん

ちなみに、レギュレーションにより、改造範囲は無いに等しく、スタンド、鍵、ライトを外して、サドルを交換できるくらい。ペダルの交換も出来ません。
なので、全く素のママチャリを使用します。
で、私、はっきり言って、ママチャリでレースなんて…って感じでバカにしてました。
その考えは、試走で覆されます。
超ショートコースの約1kmを走っただけで、太腿がプルプルです(>_<)
その原因は、なんと言っても、ポジションが全然合わない事。
膝は曲がりっぱなしで、ペダルが上死点にくると、太腿が空を向いちゃいます。
走った感じが意外と軽いことは、救いなんだけどね。

といった、はる某の事情とは関係なく、定刻の8時には花火が打ち上げられ、E氏が運転するユーノス・ロードスターの先導で、レースがスタート。
奥州のスタートライダーは梅ちゃんで、とりあえず5周走ってもらいます。
1周目、梅ちゃんとベルエキ横ちゃんが逃げの体制で戻ってきた。
予定とおり、二人で協力して、タイムを稼ぐ作戦です。
この結果、1時間終了時点でTeam奥州と専門学校チームがワンツー体制。
梅ちゃんの後は、それぞれが1周交代で走り、いよいよはる某の番。
3段変速の一番重いギヤを踏んで、何とか1周終了。このギヤの選択は、間違ってました。
ライダーが交代する際には、安全のため交代ゾーンを歩くんですが、自転車を降りたとたん、太腿が言うことをきかずにヨロヨロ(*_*)
自転車を支えにして、なんとか梅ちゃんと交代しました。

で、やっぱり、交代にっかる時間が大きいため、ここからは2周交代に作戦変更。
自分のペダリングも、真ん中の軽めのギヤにして、回転で稼ぐように変えた。
感覚的には、ケイデンスが20~30くらい上がっている。
まあ、元が60くらいだったから、普通のケイデンスに戻っただけなんだけど(~_~)
走ってみると、回転させるのも楽じゃないんだけど、さっきまでの太腿だけで踏み下ろすよりは遥かに疲労が少ない。
実際、きちんと2周走れて、ラップタイムもそんなに落ちなかった。

4時間くらい経過したころには、専門学校チームに変わって上がってきたNo77と、付かず離れずの接戦に。
ライダーチェンジで順位が入れ替わるが、大きく差が開くことは無い。
3位のチームとは約2分半の差、4位は更に2分くらい離れている。
この状況のまま、6時間を過ぎ、残り1時間になるころ、事態が動いた。
No77がパンク?のため、遅れ出したのだ。ペースがガックリと落ち、2周おき位に空気を入れている。
多少気が楽になったものの、まだ安心できない。優勝に向けて、出走順を確認。
Mさんが走行中なので、M夫、はる某と繋いで、梅ちゃんにゴールまで突っ走ってもらうことにする。
残り30分、No77は周回遅れになり、先ほどまで3位のNo42が2位に上がってきた。2位との差は約5分。
C夫と交代して、最後の2周を走る。
2周目に入ったところで、No65が直後に付けてきた。お互いイッパイイッパイなので、ちょっとだけ先頭交代して、無事に2周を終える。
ラップタイムもそんなに悪くなくて、ホッとした。
梅ちゃん、あとはヨロシク!

16時を過ぎ、ゴールの瞬間がやってきます。
梅ちゃん、T谷ポーズでゴール!

Dscn1057_1

8時間0分37秒で62周(248km、約31km/h)して、見事優勝しました。

Dscn1071

表彰式では、成績上位の表彰に先立ち、各種の賞が授与されましたが、Team奥州はフェアプレー賞をいただきました。

Sany0042

春子たちの女子チームも、見事クラス優勝。総合でも40位台は立派です。

Dscn1064

フェアプレー賞でも大量の賞品をいただいたので、優勝したらどうなるんだろうと思っていたら、凄いことになりました。

Dscn1068

もうちょっと賞品を分散させたほうが良いんじゃないの?ってくらい、貰いました(^_^)
来年からは、キリ順位賞とか作りません?>主催者様
イロイロもらえるのは嬉しいんだけどね。

って事で、大量の賞品をいただき、普段参戦しているレースよりも充実感があった、苦し面白いレースでした。
来年出るなら、もうちょっと楽なポジションがとれるママチャリが良いなぁ。
やっぱり作るしかないか?<=アホ

Dscn1070

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.09.14

結婚おめでとう

一緒にずっと出張している後輩が、このたび目出度く結婚することに。
常駐先のお客様と一緒に、お祝いの飲み会に繰り出した。
一次会は、魚の美味しいお店へ。ビールと日本酒(天狗舞の山廃吟醸)でほろ酔いに。
ココで、意外な事実が判明。
出会った経緯が、これまで聴いていたことと違うのだ。
まさか、そんな事だったとは… 一同、彼に対する印象が変わっただろうなぁ。

なんにせよ、結婚おめでとう。末永くお幸せに。
あとは、無事に新婚旅行にいけることを祈るばかり…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.10

JAZZフェスティバル

宮城クリテ(未経験)もダリヤカップもキャンセルして、定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバルに行ってみた。
今年で16回目らしいのだが、見るのは初めてなのだった。
昨日は、昼くらいから行って、まずは錦町公園でタコスとピロシキで腹ごしらえ。
ワールド・キッチンと銘うって、各国料理の屋台が出ているのだ。
その中には、モンタナもありました。>イズミンさん
ココでは、フュージョンのステージがあって、スクエアやカシオペアのコピーをやっていた。
その後、市役所向かいの広場で、聖飢魔IIのコピーバンド「サタンオールスターズ」を見る。
うーん、懐かしい。高校時代を思い出した。
15時半から、アンジェラ・アキのライブがあったんだけど、人の多さと霧雨とで、帰宅することに。
テレビで生放送を見たけど、ステージがある広場は人で埋まっていた…
しかも! 2曲しかやらない(>_<) 帰ってきて良かった。

今日は、ユハ&ディノを連れて、午後からお出かけ。
カケカワヒロユキ氏のライブもあるのだ。
駐車場から会場に向かう途中、Nさんと会う。
お久しぶりでした。エッメアッカのバイク、良いですね。
途中で、春子は買い物へ。はる某はユハ&ディノを連れて、錦町公園へ。
錦町公園で春子を待つ間、ディノはお姉さんに可愛がられる。
いつもはすぐに避けるんだけど、今日はしばらく遊んでもらっていた。
しばらく待って、お目当てのタケカワ氏がステージへ。
予想とおり、999やモンキーマジックなど、懐かしい曲ばかり。

JAZZフェスなのに、JAZZを聴かずに、ちょっと?古い日本の曲を聴いた二日間だった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.09.07

サイクリング

新聞のテレビ番組欄を見たら、NHK教育に「趣味・サイクリング」の文字が。
今日から始まる新番組らしい。
見てみたら、出演は藤岡弘さんと奥山佳恵さん。
講師は、丹羽隆志さん!
今日はママチャリに乗ってるけど、今後はスポーツバイクにも乗るみたい。

ところで…
番組名に「中高年の」って付いてるのって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

衣替え

今朝、家を出るときに、間違って冬物のスーツを着てしまった。
出張にはスーツの替えを持たないので、今週はこのまま過ごすしかない。
もっとも、仕事場は冷房が効きすぎて寒いくらいなので、丁度良い。
と思ったら、これでも寒かった… ひざが痛くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.03

副腎疾患

恋ちゃんの肩の辺りが禿げてきた。尻尾も薄くなってきている。
愛さまでも経験したので、獣医さんに行ってきた。
結果、予想とおり、副腎疾患。
これで、恋ちゃんもフェレ爺の仲間入りだ(~_~)
とりあえず、ホルモンのバランスを改善する注射を打ってもらう。

予想外だったのは、腹部にしこりがあること。
レントゲンでも、超音波でも、はっきりしたことは分からない。
手術したほうがいいのかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.02

お台場

またもや、お台場の本社へ、会議のために出張。
白河を6時半に出る新幹線に乗って、8時くらいに東京駅に到着。
ホームに下りると、予想より涼しくて、スーツを着ていても気にならないくらい。
新橋でユリカモメに乗り換えて、お台場へ。
夏休みが終わって、この前までの混雑が嘘のように閑散としてる。
8時半くらいにお台場に着いたら、もう暑くなってた(~_~)

ビルから南側を見ると、こんな感じ。
060902_1141001
羽田に着陸する飛行機がこっちに向かって飛んで来るのが、ちょっとコワイ。

午前中の部が終わって廊下に出ると、こんなことやってました。
060902_1452001
会議よりも、こっちに出たいよ…
タイミングが合わなくて、白戸さんも見られなかった。

会議と、その後の懇親会も終わり、7時半くらいにビルの外へでると、明るく輝く観覧車が目に入る。
060902_1938001

後は真っ直ぐ家に帰るだけ(^_^)
で、仙台に着いたら、電車の待ち時間が長い。
バスにしようと思って乗り場に行ってみるが、土曜日なので終わってる。
仕方がないので、タクシーにしようっと。
どれに乗ろうかと歩いていると、イプサムの個人タクシーがいる。
前に見かけて、お!と思っていた車だ。しかも、料金が安いようなことが書かれている。
ちなみに、仙台のタクシーは、日産クルーと豊田コンフォートばっかりで、面白味がないのだ。

イプサムは試乗したことがあったけど、後ろに乗るのは初めて。
足元も広くて、天井も高くて、なかなか乗り心地が良い。
イプサムのタクシーは、仙台には1台しか走っていないそうだ。
ガソリンエンジンだから、最近のガソリン高騰には参ったとか、いろいろと話をしていたら、家に着くのがアッという間だった。

で、料金はというと。
仙台駅前からはる某家まで、普通は4,000円くらいかかるんだけど、1,000円くらい安かった。
車好きのはる某は、タクシーの車種が増えると、楽しいんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »