« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.25

フルハムロード

ロス疑惑が今頃になって、また、ワイドショーを賑わせていますが。
高校に入ったとき。
部活で、新入生が挨拶していました。
私の番になったとき、先輩たちがザワザワ…
三浦和義容疑者に似ていたからだって。
そーゆーわけで、高校生の時はフルハムと呼ばれていました。

なんてことを思い出しちゃったじゃないか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.02.24

自転車でメタボリック症候群を解消

シマノが約50名の社員で実験したそうです。
詳しくはこちら

その結果は当然として。
自転車通勤する社員のための設備が凄いんですよね。
せめて、公設の駐輪場にシャワーがあったら良いのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.23

続・穴

何とかできるか?と思ってサドルを外してみたものの…
ネジを交換するのは、構造上不可能。
削ろうにも、硬くて、手持ちのリューターじゃ歯が立たない。
諦めます。

せっかくなので、ARIONEの裏側を載せときます。
黒いカーボンの部分は硬いものの、白い部分はフニャフニャです。

Dscn1875

穴の部分は、こうなってました。
奥には、普通の「黒い」カーボンシートが見えます。

Dscn1871

ちょっと目を離したら、愛がオモチャにしてました。
ほんと、好奇心旺盛な生き物だなぁ。

Dscn1876

あと、サイズを測ってみたので、控えておきます。
メーカー/モデル/外径/内径/厚み
TIME/SPIRIT Stiff+/27.2/21.8~22.0/2.4~2.6
RITCHEY/Carbon PRO/31.6/26.2/2.6~2.8
Scapin(おそらくWR)/MTB用/29.2/22.8/3.1~3.4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

VXRのポジションを変えようと思い、サドルをいじっていたら…
見つけちゃいましたweep

Dsc_0222

サドルはARIONE CARBONなのですが、そのカーボン製ベースに穴が開いているsign03
ピラーが前後二本締めなので、サドルが変形したときにネジの頭が当たったみたい。
実用上、問題はないけど、さてどうしよう。
ネジを交換できるのかな? 出来ないなら、削るしかないよなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.20

献血

会社に、献血車が来ました。
最後に献血したのがいつなのか、思い出せない。
10年以上経っていると思うんだけど。
たまには献血するか と、受付へ。
すると、ある時期にイギリスへ行った事があると献血できないと言われました。
新婚旅行でイギリスに行ったのが該当していて、丁重に断られました。
残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.16

ばれんたいん

昨日、帰ってきたときにもらいました。
んで、さっき食べてみました。
今年のは、コレ。
FOUCHER の L'Eclat d' olympe (オリンポスの煌き)

Dsc_0204
Dsc_0207

身体に悪そうカラフルで、食べるのがもったいないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.15

プレゼント キャンペーン

増田様チーム・ミヤタのカレンダーを差し上げます。
ファン有志が作成したもので、非売品です。
中身は、こんな感じ。

Dsc_0209

ケース付きが5つ、ケースなしが3つあり、先着順で差し上げます。
ご希望の方は、コメントを書き込んでください。

また、「チームを越えてサイクルロードレースを応援しよう」ということで、応援用ジャージを作成するプロジェクトもあります。
興味のある方は、こちらをどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.02.13

夢をかなえるゾウ

書名:夢をかなえるゾウ
著:水野敬也
出版社:飛鳥新社
ISBN978-4-87031-805-2

ただいま、読書中です。
その165ページに
「自分、ツール・ド・フランスって知っとる?」
中略
「…そのレースで7連覇した子がおんねや。ランス・アームストロングくんいうんやけど」
後略。ランスが如何にしてTDFに備えたか説明する。

こーゆー一般の書籍にもランスが出てくるなんて、びっくり。

そして。
春子が、あんな行動をとったり、あんな事を言い出したりしたわけが、分かった。

更に。
先日受講した「七つの習慣」とかぶって仕方が無いのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.02.11

LSD

今日は、あまりの天気の良さにウズウズしてきて。
鳥の海から走ろう!と思い、車にVXRを積み込んで、9時半に出発。
なぜ鳥の海かっていうと、温泉があるから。
走り終わって、温泉に入って。これって、最高じゃないですか。
それに、このあたりはまだ雪が多いけど、南のほうならマシだろうし。

1時間くらいかかって、鳥の海荘に到着。
新しい鳥の海荘が先日オープンして、古い建物はなくなっていた。
駐車場に停まっている車も多くて、しかも、ひっきりなしに入ってくる。随分客が来てるのね。
あれ?なんか見覚えのある車が停まっているぞ??
なんて思いつつ、スタート。
路側帯には結構雪が残っていて、水溜りも多い。こりゃ、汚れるなぁ…
まずは、磯浜漁港へ。
駐車場に入ると、随分人が多い。
なぜかと思ったら、座礁した船を見てた。
これは、別の場所から撮影。
Image019

時間もあるし、松川浦まで行くことにして、出発。
お昼を松川浦で食べるか、遅くなるけど鳥の海で食べるか悩んだ末、久しぶりに「たこ八」に行くことにした。
ちょうど昼時だったけど、すんなり座れて、旬のホッキ飯をオーダー。
Image022

【ugandaさんへ】
海苔は、味が付いたのは売ってないけど、生のは売ってるそうです。

来た道をそのまま引き返して、鳥の海荘に帰着。
自転車を車に積んで、お風呂に向かう。
ロビーで入浴券を買おうと思ったら、「ただいま混雑しておりますので、時間をずらしてご利用ください」だって。
料金も、以前は500円だったのに、800円になっていた。うーん…じゃぁ、またにするわ。

自転車がドロドロだし、ベルエキで洗車してもらおっと。
ヨコちゃんに洗ってもらって、エンドさんに点検・調整してもらって。
ここで、ショッキングなことが(>_<)
BBにガタが出てる。BBを交換しないとダメらしい。
値段を聞いて、「あ、そんなもんか」と思ったけど、一つグレードを落とすと約1万円安くなるらしい。
しかも、旧デュラは、もっと安いらしい。
ヤバイ、金銭感覚が狂ってる(*_*;

走行距離:66.7km
走行時間:2:33:02
平均速度:26.1km/h

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.09

MONSER BERG

10時にugandaさんから電話が入り、七ヶ浜に走りに行くことになった。
七ヶ浜と言えば、mineさんのブログにあった激坂がある。
そこも上ってみたい!と思い、ロードとMTBとを積んで出発。
ちょっと遅れて駐車場に着くと、ugandaさん出羽機くさんの遠征組と、mineさんが待っていた。

チャチャっと準備して、まずはロードで1周。
途中、イズミンさんとすれ違い。イズミンサンがUターンして、付いて来てくれた。
ちょっと走って、激坂を視察した。MTBでなら上れるな。

駐車場に戻って、MTBに乗り換えて。
イズミンさんとはお別れして、元の4名で再度激坂に向かった。

さて、その激坂。
コレを見ると分かりやすいが、ジープロードから右折して坂に入るため、アプローチが少ない。
フロントをインナーにした状態でジープロードをちょっとアプローチして、坂に突入。
一気にローまでシフトダウン。
踏むようにするとスリップするはずだから、下死点でもトルクがかかるように意識して、と。
1本目、問題なくクリア。
2本目、上り始めのシフトダウンが遅れるが、クリア。
ポジションが低めだったので、上った後は太腿がきつかった…

その後松島に牡蠣を食べに行って、本日は終了。
皆さんありがとうございました。

※松島までの道のりのほうが長いんだけど、はる某のメインは坂だったのでした。
※R45は苦行のような道だったし。

【参考】使用機材
SCAPINのWOLFANG
タイヤはIRCのSERAC XC、空気圧は1.2bar。(先週走って、放置していた)
ギアはF:44-32-22T R:12-34T

| | コメント (4) | トラックバック (0)

炊飯器

今の炊飯器は、10年ほど使っている。
しばらく前から内釜のコーティングが剥がれだして、最近は焦げ付くようになってきたので、買い換えることにした。

カーボン・マニアとしてはコレを買うべきなんだろうけど、定価115,000円、実売価格84,800円じゃぁね…

カタログを見て数機種に絞っておいて、最終的には店頭で決めた。
買ったのは、象印のNP-JB10
早速今晩使ってみたけど、美味しく炊けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.03

雪上エンデューロ~参戦

これまで何回かこのレースにでましたが、初の泥レースになりました。

使用前。
Dsc_0082

使用後。
コレじゃあ変速しないよな…
Dsc_0202
Dsc_0203

さて、きちんと振り返ってみると。
試走の段階では、長方形のコースの1辺に雪が無いのにびっくり。これ、融けてドロドロになるなぁ、なんて思いつつ、1周してみる。
その他の場所では、雪は凍って締まっていて、轍にハンドルを取られてコケそうになる。
調子に乗ってスピードを出してみたら、コケて1回転しちゃった。

それが、レースがスタートしてみれば、雪の無いところは既にドロドロ。
他の場所も、参加者が踏み均したので、かなり走りやすい。
そうは言っても、油断するとすぐにひっくり返るので、後ろ荷重を意識して走る。
30分も走ったら、顔もドロドロ、自転車もドロドロ。ボトルの水を飲んだら、泥でザリザリだし(>_<)
そのころから、フロントがアウターから落ちなくなったり、リヤのトップ側に雪が詰まって使えなくなったり、といった症状が出始めた。
仕方なく、フロントはセンター固定にして、トップが使えないのは回転で補うようにした。
まあ、雪がないところでスピードが出せないだけで、それほど影響なかったかな。

かなり楽しくて、予想以上に走れたので、良しとしましょう。
今回は、春子さんが走らなかったので、写真があります。
Dsc_0153
Dsc_0249


最後に。
堂城さん、ご結婚おめでとうございます。
Dsc_0292


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.02

雪上エンデューロ

明日は、東根の雪上エンデューロに出ます。
今年は雪があるようで、いや~、良かった。
雪が無いとドロドロですから…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »