« 泉ヶ岳アウトドアフェスティバルの模様 | トップページ | 定義~秋保 »

2008.05.21

Nikon D300

先日の蔵王ヒルクライム、今回の泉ヶ岳MTBと、自転車を2回撮って感じたことのメモです。

レンズは、ニコンのAF-S DXズームニッコールED 18-70mm F3.5-4.5G(レンズキットのレンズ)と、
シグマのAPO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM を使いましたが、主にシグマの70-200を使いました。

露出
Nikonの伝統なのか、若干アンダーです。
露出補正するのがお約束かと。

ピント
ピントが合うまでの時間は、早いと思う。
ただ、ピントの合いには、ちょっとストレスを感じることもある。
動きが早くて小さい被写体(1台で下ってくるMTBなど)の場合、モードによってはピントがきちんと合わないことがあった。
ダイナミックAF(3Dトラッキング)だと、背景にピントが合うことが多かった。
オートエリアAFのほうが、意図したところに合ってくれる感じ。
シングルポイントにするのがベストかも。

画質
ISO800までは、常用できる。
夜桜を撮りに行ったときに1600にしてみたけど、ちょっと色ノイズが出てくる。
この時は、長秒時ノイズ低減をOFF、高感度ノイズ低減は標準にしていたから、この設定でも変わるだろう。

バッテリー
かなり、もつ。
泉ヶ岳で1日中スイッチONだったけど、空にならなかった。
内臓ストロボを使えば、もっと短くなると思いますが。

その他
手持ちのCFは、古いほうが7MB/sの転送レートしかないので、連続撮影には向かない。
バッファの量は大きいみたいだけど、バッファからCFに書き込んでいるときは次の撮影ができないから、ライダーがちょっとの間をおいて来るようなときには、撮影できないこともある。
新しいのはSanDiskのExtreme IIIで、20MB/sなので、その点は問題なし。
(カメラ本体の転送レートは1812.5MB/sらしい)
CFの容量が2Gだと、RAW+BASICでも140100カットくらいしか撮れないので、レースを撮っていたらあっという間になくなった。

あとは
仕上げだ…
Lightroomで編集しているときと、書き出した画像に、差があるんですケド(泣)

|

« 泉ヶ岳アウトドアフェスティバルの模様 | トップページ | 定義~秋保 »

コメント

ugandaさん
ありがとうございます。
両者の違いも、検索してみました。
確かに、WEBが主なので、sRGBで十分ですね。

投稿: はる某 | 2008.05.26 20:23

カメラ側の設定で統一してください。
プリンタがadobeRGB対応であればカメラ、LRともadobeRGBにしてもいいですが、モニタで観るのが主であればsRGBで十分です。

投稿: uganda | 2008.05.26 19:53

ugandaさん
ありがとうございます。
ご指摘のとおり、色空間が違っていました。
カメラがsRGBで、LightroomがadobeRGBでした。
この場合はsRGBで書き出すとして、
どの色空間で統一するのが良いのでしょうか。

投稿: はる某 | 2008.05.23 08:02

カメラの色空間の設定がadobeRGBで、Lightroomの書き出しの設定がsRGBになってたりしませんか?

投稿: uganda | 2008.05.22 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42497/41279942

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon D300:

« 泉ヶ岳アウトドアフェスティバルの模様 | トップページ | 定義~秋保 »