« 意気消沈 | トップページ | 奈良のお寺さん~ならまち編~ »

2010.08.21

奈良のお寺さん~西の京編~

と、いうことで。
奈良のお寺さんを回ってきた。
平城遷都1300年祭「奈良大和路 秘宝・秘仏特別開帳」ってことで、普段は公開されていない物も見られるらしい。

まずは、近鉄線を乗り継いで、西の京へ。
ここには、駅のすぐとなりに薬師寺が、ちょっと歩けば唐招提寺がある。

正式には、法相宗大本山 薬師寺というらしい。
駅に近い側の玄奘塔から拝見する。

Dsc_5998

玄奘三蔵院伽藍を脇から。
中には、玄奘三蔵法師の像が安置されている。
隣に大唐西域壁画殿という建物があって、平山郁夫画伯が描いた壁画も見られた。
壁画は、圧巻というしかない、見事なものだった。

南側に移動して、本当?の薬師寺へ。

Dsc_6013

左が東塔、右が金堂、その奥に西塔がある。

Dsc_6017

東院堂の鬼瓦。

Dsc_6025

金堂の正面。
本尊の薬師如来と、日光菩薩、月光菩薩がおわす、きらびやかな内装の建物だった。

Dsc_6036 Dsc_6028

七世紀末に建立された東塔と、昭和56年(1981年)に復元された西塔。
西塔の内部は朱塗りの柱で、天井や壁にも彩色されている。
東塔の天井にも、その名残があった。
ちなみに、この塔は三階建てというか、三重の塔なのだ。
下から1,3,5番目の屋根に見えるのは裳階(もこし)というらしい。
偶数番目が本当の屋根なんだって。

続いて、北に10分ほど歩いて、律宗総本山 唐招提寺へ。

Dsc_6061

南大門を入ると見える、金堂。八世紀の半ばに作られた。
本尊の盧舎那仏のほか、千手観音、薬師如来などがおわす。

Dsc_6054 Dsc_6051

金堂の鬼瓦と、講堂の鬼瓦。

Dsc_6060

池には蓮が咲いていた。蓮って、良い香りなのね。

ここから路線バスに乗って、奈良公園に向かった。
続きは、ならまち編へ。

|

« 意気消沈 | トップページ | 奈良のお寺さん~ならまち編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42497/49220259

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良のお寺さん~西の京編~:

« 意気消沈 | トップページ | 奈良のお寺さん~ならまち編~ »