2009.10.20

サイスポ11月号

既にご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが。
本日発売のサイスポ11月号、「みちナビ」という記事を書かせていただきました。
我々にとっては定番コースでも、首都圏のサイクリストは、信号と車の少なさにびっくりするんだろうなぁ。
コースは、エルドラードのホームページ内でも紹介していますので、そちらをご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.11

ヒルクライマー

Hill_climer
著者:高千穂遙
ISBNコード:9784093862479
判型/頁 :四六判/288頁
定価 :1,502円(税込)
出版社:小学館

私にとっては、SF作家のイメージが強い著者なのですが。
最近は、「自転車で痩せた人」として、自転車方面でも知られています。
そんな高千穂氏が初めて著した自転車小説が、コレです。
物語は、クライマーとして成長していく主人公を主軸として進んでいくのですが、ご本人があとがきで「ストレートな物語を書いた」と書いているとおり、凝った(捻った)お話ではありません。
ストーリーはシンプルですが、臨場感があり、ヒルクライム時の感覚を思い出させます。

そして。
私には、主人公と才田君が重なって見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.09

弱虫ペダル 4巻

Dscn2148

Overdriveとバイキングスが終了してしまった今、ロードレース漫画といえばこれでしょう。
昨日発売された4巻で、新入生歓迎レースも終了。
これからはインターハイを目指すのかな。
それにしても、監督サン、粋な計らいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.12.26

ノベルス Over Drive 2

Kさん、ありがとうございました。

高校を卒業して3年後。
ミコト、武、寺尾、兵頭は、ヨーロッパのプロチームに所属していた。(メガネっ娘も。)
春のクラシック、パリ~ニース、そしてグランツール。

シルビアンヌが言う。
~前略~だいたい、自転車を乗ることを、商品にしだしたのは、人間だよ。スポーツをお金に代えて、それで儲けたい人間がいたからさ。自転車に乗って、風を感じ、花を見て、空気を胸一杯に吸って、風景と会話して走ることは、誰かにお金を貰わなくても、払わなくてもできることさ。だから自転車は素晴らしい。もし自転車にそんな魅力がなかったら、ロードレースなんて見る人はいなくなる。何でもかんでもお金に代えちまったら、何も残らないよ。
~以上、ノベルス Over Drive 2より転記~

この文章に、自転車とロードレースの魅力が凝縮されている。
この文章からも、1巻では、ロードレースを理解していなと思われる作者(泉優二氏)も、2巻になって理解し、その本領を発揮し始めたことが分かる。
こんなふうに書くと、偉そうにって思われるかもしれないけれど、泉優二氏のモーターサイクルを題材にした小説には、理解と愛があって、とても良かったんだもの。

漫画(連載)では省略された、高校を卒業してからエンディングまでを描く(と推測される)この小説、次が楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.22

セカンドウィンド 2 刊行決定

夏(8月だっったっけ?)の発売が延期されていた、ロードレース小説「セカンドウィンド」の2巻。
やっと刊行が決まったようで、出版社のサイトに刊行予告が出ていた。
2009年1月10日は、書店に走れ!run

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.05

VIVA IL CICLISSIMO!

コレをついに買ってしまいました。
お値段は、高級タイヤ並みの6,090円です。

しかし!
高級タイヤと同等かそれ以上楽しめます!! <-基準はナニ?
サコッシュ付きでお得です!!! <-もったいなくて使えない。

表紙には大友克洋氏と寺田克也氏の名前しかないけど、エッセイはもっと多くの人が書いています。
そのエッセイが、イイんですよ。

【今日の教訓】
仕事を持って旅行してはイケナイ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.24

サクリファイス(漫画)

今日は、漫画化されたサクリファイスの第一話が発売される(はず)。
朝、ホテルから一番近い、駅のNEWDAYSに行ってみた。



無い。

仕事が終わって、コンビニへ。



無い。

仕方なく、この辺りで一番大きな本屋さんへ。



無い。
店員さんに聞いてみたら、「取り寄せになります」

今、念のため、ヤングチャンピオンのホームページを見たら、掲載作品のリストに無い。
でも、連載は開催されているみたい。
どうなんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.17

サクリファイスが漫画化

愛三工業レーシングチームが全面協力だそうで…
ネタ元:http://www.aisan.net/text_eventreport_20080610_001.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.13

夢をかなえるゾウ

書名:夢をかなえるゾウ
著:水野敬也
出版社:飛鳥新社
ISBN978-4-87031-805-2

ただいま、読書中です。
その165ページに
「自分、ツール・ド・フランスって知っとる?」
中略
「…そのレースで7連覇した子がおんねや。ランス・アームストロングくんいうんやけど」
後略。ランスが如何にしてTDFに備えたか説明する。

こーゆー一般の書籍にもランスが出てくるなんて、びっくり。

そして。
春子が、あんな行動をとったり、あんな事を言い出したりしたわけが、分かった。

更に。
先日受講した「七つの習慣」とかぶって仕方が無いのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.10.31

サクリファイス

書名:サクリファイス(sacrifice)
著者:近藤史恵
出版社:新潮社
ISBN:978-4-10-305251-7

近所の本屋には無かったけど、JC会場のJ-Sportsブースで売っていたので、買いました。読みました。
ミステリーとしては内容が薄いと思いますが、普通に小説として読むには、かなり良いです。
内容はドロドロしているのにそう感じさせないところとか、自転車競技の説明が適切に入っているところとか。

読み終わって、チカの活躍を想像してしまったり。
チカと、ひいきのあの選手を重ね合わせてしまったり。

そういう点でも、楽しめる小説でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)