2010.06.05

Vanilla

Dsc_4919

活弁ライブ&サイン会に行ってきました。
短編一本、長編?一本の活弁を、生で見てきました。
活弁を見たのは初めてだったけど、バニラさんの活弁は面白かった!
面白かったので、DVD付きの本を買って、サインを貰いました。
ってことで、画像はサイン中のバニラさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.06

北斎とサーカス

昨日は、山形に行ってきた。
目的は
・山形美術館の北斎展
木下サーカス
の二つを見ること。

まずは、美術館へ。
生で見るのは、たぶん、初めて。
版木の木目や、型押しも見えた。こういうのは、印刷物じゃ見えないかもね。
最大の驚きは、版木が現存しているから、今でも浮世絵を刷れるってコト。
刷るには、恐ろしく手間がかかるみたいだけど、家に飾っておくには高いし勿体無いなぁ。

お昼を回ってお腹が空いたので、上八森の竜山へ。
春子の目当て、だし蕎麦は売り切れていた。
はる某は、もり蕎麦と桜海老のかき揚を、春子は、納豆おろし蕎麦をいただいた。
太さがバラバラの蕎麦は相変わらずだけど、こんなにしょっぱいたれだったかなぁ?

お腹が膨れたところで、ビッグウィングにサーカスを見に向かう。
久しぶりに大野目に行ったけど、随分様変わりしていて、記憶の中とは別の場所になっていた。
1時間くらい前に着いて、まずはチケット売り場へ。
懸賞で当たった招待券を見せて、指定席を買った。
(この指定席券は、結構な値段なんだけど、買ったほうが良いと思った)

サーカスを見るのは、現山形県庁&県警が空き地だったころ、木下か木暮を見て以来だから、30年位経つのかな。
春子も同じらしい。
ワクワクしながら、昔の記憶より狭いなぁとか、こんなプログラムを覚えてるとか話しつつ、始まるのを待つ。
すると、ピエロが出てきて開演した。
いやぁ、楽しかった。<=ボキャブラリーが貧困(~_~)

それにしても、後ろの席の親子は…
サーカスを見ながらも、躾って何だろうって考えちゃったじゃないか(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.09

水木しげるとゲゲゲの鬼太郎展

昨日は、春子が見たいというので、石巻の石ノ森萬画館に行ってきた。
電車で行こうと思っていたんだけど、雨が思ったより強くて、あっさり車に変更。
先に投票を済ませてから、出発した。

萬画館には駐車場が無いので、石巻駅前の駐車場に停めて、マンガロードと名付けられた商店街を歩く。
この商店街、ところどころにマンガのキャラクターがあるんだけど、ちょっと高い台座に乗っていて、キャラクターと並んで写真を撮ることは考えていないみたい。
10分ちょっとで、萬画館に着いた。うーん…変な形(^ ^)
入ろうとすると、警備のおじさんが声をかけてくる。

警備員:お客さん、初めてですか?
はる某:はい、そうです。
警備員:あそこにカラクリ時計があるので、時間になったら見に来てください。出入り自由ですから。

と、教えてくれた。
ちょっと時間があったので、とりあえず中に入ってみようとしたら、ロビーみたいなところでショーをやっていた。
シージェッター海斗っていう、石巻オリジナルのキャラクターらしい。
ショーが終わったら、丁度、カラクリ時計が動く時間だったので、外に出る。
もっと動くのかと思ったら、動きは少ないのね。

さて。やっと、本題の「水木しげるとゲゲゲの鬼太郎展」だ。
いやー、生の原稿って、凄いね。ホワイトで修正しているところが見当たらない。
それに!トーンを使っていない。
りゃ、トーンが使われるようになってきたのは最近のことだけど、掛網と点描で表現された生原稿は、美しかった。
妖怪道中五十三次(もちろん、東海道中五十三次をもじっている)ってのがあって、リトグラフも販売されていた。
A4くらいで188,000円ってのは、高いの?安いの? 縁の無い世界だから、よく分からん。

常設展も一通り見て、いい加減お腹が空いていたので、3Fのカフェへ。
お目当ての「くじらづくしランチ」は売り切れていた。残念。
でも、今度来たときは、他のお店で食べようね。>春子

| | コメント (3) | トラックバック (1)